私達の活動

活動内容を紹介

アンダーウオータースキルアップアカデミーの活動内容をご紹介させていただきます。

水難救助活動

伊豆半島は観光・海のレジャー等で訪れる人が多く、1年中水難事故も頻発しています。
水難事故発生時の救助・潜水捜索等の活動を効果的に行うためには、日頃から専門的な訓練を行っている経験を積んだ潜水士のチームが活躍する必要がありました。
そのため私たちは、レジャーダイバーが潜水する水域以外での活動も多い昨今、どのような水域でも活動できるチームであるために訓練を欠かさず、万一の海難事故に備え、水難救助にいつでも対応できるよう準備しています。

潜水事故発生時に備えた活動

潜水事故発生時の搬送・情報伝達等をスムーズに行うための静岡県東部ドクターヘリチーム・各地域消防・ダイビング事業者の合同勉強会に、ダイビング事業者を代表して参画し、チェックリストの普及活動を行っています。

潜水事故防止のための活動

ダイビング指導員、潜水士向けに毎年「海の安全・安心講習会」を開催しています。

復興支援活動

私たちアンダーウオータースキルアップアカデミーは平成23年3月に発生した東日本大震災の2ヵ月後、宮城県内の漁業協同組合から依頼が最初の活動をスタートし、今日まで現地での継続的な復興支援活動を実施してきています。当時の参加者は、伊豆海洋公園ダイビングセンタースタッフとLLP静岡潜水指導者の組合員、当 法人スタッフでした。主な活動内容として漁業復興支援に向けた水中のガレキ撤去や海中の調査で、それ以外にも被災地の子供たちにスノーケリング教室を開催し、現地では「海上のメリークリスマス」イベントを支援したりと継続した活動を行っています。

水辺の環境保全活動

次世代の子供たちに、よりよい自然環境を残すために定期的な海底・湖底清掃作業などを行っています。

メニューを閉じる