一碧湖における水難救助合同訓練に参加しました

本日、伊東市一碧湖において初めてとなる水難救助合同訓練が開催されました。参加機関(団体)は駿東伊豆消防本部、テラスカフェ一碧湖、当DRS救難所の合計約30名です。当DRS救難所の救助員は、水面を水中スクーターを使用して移動し、消防の水難救助隊と合流し、水中を円形捜索で事故者を発見・引揚して、ボートの救助員に引き渡すところまでを担当しました。視界はほとんどない状態だったので手探りで事故者を探すという状況でしたが無事、発見することができました。

メニューを閉じる