伊東港で官民合同防災訓練を開催しました

本日は伊東港において初めてとなる官民合同の防災訓練が開催されました。
参加機関は県熱海土木事務所、伊東市危機対策課、下田海上保安部伊東MPS、いとう漁業協同組合、伊豆小型船協会、はるひら丸、斉藤組と当法人の約30名が参加しました。当法人と伊豆小型船協会は昨年、県熱海土木事務所と「災害時等における応急対策業務に関する協定」を締結しましたが、初めての訓練となりました。
当法人の潜水士は、伊豆小型船協会の船に乗船し、岸壁付近でエントリーし岸壁の状態を確認した後に責任者に報告するという流れでした。
他には人員物資の輸送訓練、港内啓開訓練等が行われました。

メニューを閉じる